hal_99@管理人 is a user on boardgame.m.to. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse. If you don't, you can sign up here.

hal_99@管理人 @hal_99@boardgame.m.to

こちらの管理サーバーから、有償化のお知らせがきました。
このサイトは4月末で閉鎖予定となります。長らくご利用ありがとうございますm(_ _)m

プロスペリティー(3人プレイ。平均6.5)
 
渋い。手番が「決算」->「2アクション」の構成になっているのが非常に変わってる。必ず決算がくるので誰の手番であってもなんらか影響を受けるところがいい。
 
5つのパラメーターをとにかくいじくり回しているので、好き嫌いは分かれそうだけど、個人的に割といい。
 
ただ、ややダークなテーマ(利益廃液風)なのがちょっと惜しいから。もうちょい明るいテーマに仕上げているとウケがよかったかもとは思う

ダイナソアアイランド(3人プレイ。平均スコア6.6)

ジェラシックパークゲーム。DNAと恐竜の設計書入手->スタッフや設備購入->恐竜を生み出す->お客呼び込みを繰り返す。
 
ゲーム開始ときのそのゲームの特徴を決めるカードとゲームの終了条件がランダムなのでそのカード次第でプレイの流れはぜんぜん違う感じ。
 
今回は相当ゆるい(ワーカーが各自+1でラウンド終了毎に好きなパラメーターを上昇できる)条件だったので、その点で楽
 
ただ、4人プレイだと4人目はそうとつらそう(DNA入手もサイコロでランダムなので上級DNAはろくな数がでないからすぐ枯れる。恐竜も条件次第だが有効なのは2枚)なので、最大で3人、2人の方がベストなのではという雰囲気。
 
アメゲーとして軽く楽しむのがよいかも。
 
恐竜が暴れて観客がどんどん食べられるのがなかなかに斬新

指輪物語 二つの塔(4人プレイ。4人平均スコア6.25)
 
先日テンデイズさんからリリースされた、セイミースーパークレイジーワールドの元ゲーム。
 
指輪物語がテーマになっていて、塔まで移動していく。プレイはほぼ同じだけど、場所カードが固定になっているので、バランスが取れた方が好きなら、こちら、ランダムにパーティー要素と楽しみたいならセイミーでいいと思う。
 
ちょっと古い感じもするので、クラッシックなテイストを味わうのがいいかな。セイミーのオプションルールの派手さは個人的にはちょっと好きじゃないので、こちらでいいかも。
 
ただ、コンポーネントは映画の写真をふんだんに使ったおかげでカードの分別がわかりにくいのがかなりの欠点

ヘブンアンドエール(4人プレイ。4人スコア平均7.0)
 
何をプレイしているよくわからないゲーム。システムを楽しむ感じで、テーマとコンポーネントの一致性はよくわからない。
 
ツタンカーメンタイプのアクション選択を6周プレイすると終了。決算がとにかく足らないのでどの時点で諦めて決算に持ち込んで行くかがキー。

といっても、出てくるタイルの運の要素もかなり強いので、感覚的に軽量級ゲーム

こちらへの書き込みが減っていましたが、今日がゲーム始めでしたので、またよろしくお願いします(^o^)

セイミーインザクレイジーワールド Show more

バイバイレミング Show more

マジェスティー Show more

フルーツジュース Show more

クイーンドミノ Show more

ヴィアネビュラ
ようやくプレイ。ワレスを連想できないシンプルなシステム。
手番では2アクションあるだけで、ソレを使ってタイルの配置・リソースの移動・建築などを行っている。
他のプレイヤーと相乗りして同じ場所に建築できるのと、リソースを遠くから運んでくるあたりが面白い。
ボードが両面あって、今回はマイルドの方ということだったので、逆面でもプレイしてみたい boardgame.m.to/media/e7JFqo6Eu boardgame.m.to/media/jiztFRjn9

RIGA
20世紀のテイストがするカードデザイン。
5種類のカードに指定されている数字を合計して、建物を立てていく。カードの種類によって基本価値(価格)が決まっているのだけど、建物には地方が設定されており、高く取引されるもの、買い取ってもらえないもの(お金として使えない)がありちょっとひねっている。

ただ、手元から出す時に常に数字を足し算するので、ゲーム中はずーっと足し算してる感じ。このプレイ感はOutpostのお金を合計してるのににてる boardgame.m.to/media/cyMeMz2J9 boardgame.m.to/media/rpLLz-U7e

ガイアプロジェクトはコマを切り抜いたら軽くなるかと思ったら、全体重量が変わった気がしない。

これは持ち運ぶのが相当くるしい(^^;;

Gentesメモ4
ホームタウンに建てた家の中で能力は、左側に並ぶ2個のアクションのいずれかを選べる。

そして、ホームタウン一個についてターンで一回アクションを選択できるので、誰かが使ったアクションも同じ列に家を建てて入れば使える。

アクションを使った家の横にキューブを置いてそのターンは再利用できないことを示す。

一列に複数の家がある時は一出番で複数使ってもいい(別のアクションには使えない。補助系を重ねられる)。例えば、8金もらう効果をもう一回もらえるアクションの列に家が三個あれば、一気に全て使って32金を受け取ることも可能。

Gentesメモ3
トレーニングで、複数人トレーニングする場合は、同じ人でもいいし、異なる人でもいい。
ボーナスで+1を使った場合には、最初に選択した範囲(一段目、2段目のどの場所までか)に従って、自由にもう一人トレーニングする。

トレーニングした職業のタイルを後方に移動させる。この時は元のコストが高い物を先(安くなるように)並べる

Gentesメモ2
捨て札を購入するアクションもタイルの購入(又はカードの効果)が必要。現金のみで拾えるわけではない。

Gentesメモ
タイルのコストは余剰なものを選択しても良い。例えば、トレーニングは4コストで一人ならどの職業でも選べる。6コストのタイルしかないときに、6コストを払って4コストの1段目同様に処理ができる。
他の例としては、捨て札を拾うときに、6コストで1枚、10コストで2枚を拾える。だが、8コストのタイルを取って6コスト(捨て札から一枚取る。2コストは無駄になる)として使って良い。

クロンダイク・ラッシュ
雪山を探検してゆくゲームにコンポーネントからは見えるのだけど、その実態は競りゲームの株ゲーム。

うーむ、良い分いいなんだけど、お金の失う速度の具合と、最終的な株価の均等具合が微妙。出遅れる完全に死ぬ系のし掛けもちょっと古い。

面白くなりそうだったのに惜しい感じ。

雪男コマはかなりいい

オーディス
海底に潜って資源を入手して、契約書を達成するタイプ。

1〜5レベルの深度に対して、どの深度をアタックするのかを選択したら、アタックした深度に応じたアクションとそこにいるダイバーの能力が発揮される。

ダイバーは一回使うと海面まで上がってしまうので連続で使えないところがミソ。

そして、バッテリーがあれば、ダイバーを潜らせたり浮上させたりしてコントロールができるし、お金があればダイバーの能力など改善できる。

ややルール記述が緩いところがあるけど(タイミングとか)、面白い。上級タイルで最初からプレイしたほうが楽しめるんじゃないかなとは思った

boardgame.m.to/media/2j6S4G6BO